福岡で脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)後遺症のリハビリ鍼灸なら鍼灸カウンセリング治療院 

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症1

治療院トップ脳卒中


脳卒中治療


      脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)で脳障害になると、
      多くの場合、後遺症が残ってしまいます。
      発症直後ならリハビリによってぐんぐん回復しますが、
      6ヶ月過ぎた頃になると改善は停滞してしまいます。
      でもあきらめないで下さい、当院には脳専門治療実績があります。

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症2脳卒中リハビリ

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症3脳卒中とは、主に脳梗塞脳出血くも膜下出血の事を指しています。

それぞれ病気としては区別されますが、
発症後に脳の障害からさまざまな後遺症が起きるのは同じです。

病院では発症後、早い段階でリハビリを開始します。

その方がリハビリの効果が出やすいからです。

リハビリを開始してしばらくの間は、
ぐんぐんと回復していきますが、
半年を経過したくらいからなかなか回復しなくなってしまいます。

これを『6ヶ月の壁』と言います。

 福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症4リハビリを阻む『6ヶ月の壁』


福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症5今までのリハビリは、
『6ヶ月の壁』に当たると機能回復を目的としてきた今までとは違い、
機能を現状から落とさないための機能維持の訓練に変わりました。

今までのリハビリテーション医学では、
それが常識であり仕方のない事だったのです。

でも、それを喜んで受け入れる患者さんはまずいないでしょう。

『仕方ない』とあきらめざるを得なかったというのが本音です。

ではなぜ『6ヶ月の壁』は起きるのでしょうか?

 福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症6『6ヶ月の壁』の原因


福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症7ではいったい『6ヶ月の壁』の原因は何でしょうか?

ダメージを受けた脳は回復しないから?

確かに壊死(えし)した脳の神経細胞は二度とよみがえりません。

しかし、周りの神経細胞たちがどんどん伸びる事で、
新しいネットワークを作ります。

運動の指令を出す脳の機能は、
発症から6か月を過ぎても改善の速度は落ちるものの
全く改善しなくなるわけではありません。

それでは、原因は何なのでしょうか?

最新の研究で判ってきた事、それは「反射」なんです。

「熱い!」とか「痛い!」とか刺激を感じた瞬間に腕を縮めますよね?

あの状態がまさに麻痺患者さんたちに起こっているのです。

もちろん熱さや痛みを感じているわけではありません。

筋肉の伸びすぎを感知するセンサー『筋紡錘(きんぼうすい)』が
引き起こす反射
です。

筋肉は伸びすぎると傷めてしまいます。

そうならないようにいつも筋紡錘が見張っていて、
必要なら「危ない!縮めて!」と信号を出します。

しかし、脳卒中になると脳からのコントロールが効かなくなり、
筋紡錘が故障してしまうんです。

過敏になった筋紡錘は、
常に「縮めて!」と信号を出し続けるようになります。

やがて腕の筋肉は縮まり、硬くこわばり、
リハビリもできなくなってしまうのです。

リハビリさえできれば新しい神経回路がつながるチャンスはあるのに、
その大事な神経の中を「縮めて!」の信号が暴走して
邪魔していたのです。


参考:2012年06月06日放送『ためしてガッテン』
『つかむ!歩く!脳卒中 夢のリハビリ最前線』より

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症8リハビリを邪魔する『元気な脳』

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症9筋紡錘以外にもリハビリを阻む原因があります。

それが『大脳半球間抑制』という脳の持つ特性です。

大脳半球間抑制とは、
どちらか片方の脳が働きすぎないように左脳が右脳を、
右脳が左脳を、お互いに抑制しあっている働きの事です。

例えば左脳で脳卒中を起こした場合、
右脳が働きを活発にし過ぎる事で左脳を抑えてしまうので、
新しく神経ネットワークを作り出す働きも落ちてしまいます。

右脳が活性化した状態は一見よさそうに思いますが、
左脳のリハビリには都合が悪いのです。


参考:2012年06月06日放送『ためしてガッテン』
『つかむ!歩く!脳卒中 夢のリハビリ最前線』より


 福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症10『抑制と促進』で身体がよみがえる

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症11

当治療院は2007年に東京・飯田橋で開業以来、
うつ病、不眠症、パニック障害、過食症など、
脳・心理に関わる病気を専門に治療を行ってきました。

これまでに蓄積されてきた脳の治療ノウハウが、
脳卒中後遺症の治療にも大変有効なのです。

脳卒中後遺症鍼灸治療は、主に以下の3つを行います。

@患側の脳血流の改善、促進
A健側の脳の機能抑制
B筋紡錘の機能抑制

これを鍼灸治療で行う事で、
リハビリで効果を出すための準備ができるのです。

具体的には以下のようになります。

@痙縮(けいしゅく)した手足等の筋肉の緊張緩和

リハビリを阻む大きな原因の一つに、
手足の筋肉のこわばりがあります。

この原因となる筋紡錘と健側の脳の機能亢進を抑制し、
さらに患側の脳血流を促進する事で、
こわばった筋肉を緩める事ができます。

筋肉が緩めばリハビリの効果が出やすくなります。


A脳の代替機能の促進効果

脳は死んでしまった神経の働きを他の神経細胞が代わりに行うために、
脳は新しく神経のネットワークを作る機能を持っています。

その為には脳の血流が豊富にある事が必要なのですが、
脳の血流を高める事で脳の代替機能を促進する事ができます。

脳の血流が悪いとリハビリをしてもなかなか症状が改善していかず、
ご本人にとっても周囲の人にとっても苦しい時間が長引いてしまいます。

患側の脳の血流を促進する事で、
新しく神経ネットワークを作りだす機能を高め、
リハビリの効果をより高める事ができます。


B合併症の予防・改善効果

脳卒中後遺症で起こりやすい合併症の、
予防と改善効果があります。

例:うつ病、不眠、イライラ、起立性低血圧(立ちくらみ)等


C生活の質(QOL)の改善

上記以外の症状や不定愁訴の改善を鍼灸で行う事で、
生活の質(QOL)の向上に役立ちます。

例:便秘、食欲不振、気持ちが重い、やる気が出ない、
  記憶力の低下、傾眠、疲れが取れない、肩こり、腰痛、
  膝痛、目の疲れ、頻尿、尿が出にくい、残尿感、尿漏れ、
  身体の冷え、動悸、息切れ、風邪をひきやすい等

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症10リハビリ鍼灸の適応症

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症11リハビリ鍼灸で改善可能な症状は以下になります。

@片麻痺などの運動障害

A感覚障害

B言語障害

C失行、失認

D嚥下障害

E排泄障害

F夜間譫妄(やかんせんもう)

G血管性認知症

H上記以外の後遺障害

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症12脳卒中後遺症と鍼灸治療

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症13

鍼灸治療はさまざまな疾患に効果が認められています。

世界中で医療として認められており、効果の実証研究も数多く
行われています。

WHO(世界保健機構)では以下の疾患に効果があると発表しています。

【神経系疾患】

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・
頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・
腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・
肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・
へんとう炎

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、
不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症16健康保険の適用の手順

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症17

@、医師に同意書に記入してもらう・・・同意書のダウンロード

  ※神経痛(坐骨神経痛、肋間神経痛、身体の疼痛等)
    リウマチ
    頸肩腕症候群(肩・首のこり、痛み等)
    五十肩
    腰痛症(腰やおしりの痛み、違和感等)
    頚椎捻挫後遺症(むちうち、もしくはその後遺症)
    のうち、
    ご自分に当てはまる疾患名で
    同意書を書いてもらって下さい。

  ※プリンターをお持ちでない方は郵送も可能です。
   メールでその旨お知らせ下さい。
 

A、記入済みの同意書、印鑑(ゴム印不可)、健康保険証を
   ご用意の上、お電話で治療をご予約下さい

  ※健康保険を使う場合、同じ疾患名で他の医療機関に
    かかることはできません。ご了承下さい。

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症18重度障がい者医療費助成制度

福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症19『障がい者医療証』をお持ちの方は、
自己負担金が無料になる場合があります。


※上記の『医師の同意書』は必要になります。
※はりきゅう費助成制度と健康保険と併用で無料になります。

※まだ『障がい者医療証』を取っていない方でも、
下記に当てはまる場合は取る事ができます。

福岡市内にお住まいで健康保険に加入しており、
次のいずれかに該当する人

(ア)身体障害者手帳1・2級
(イ)療育手帳重度(A)判定
(ウ)精神障害者保健福祉手帳1級

※次に該当する人は助成を受けることができません。

1.生活保護を受けている人

2.小学校就学前の乳幼児で、
子ども医療の助成を受けることができる人

3.65歳以上75歳未満で後期高齢者医療制度に
加入していない人

4.前年(1月から9月の申請の際は前々年)の所得が、
一定額を超える人(特別障害者手当の所得制限額に準拠)


お問い合わせ先はこちらです。

東区役所保険年金課
 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54の1 
  電話:092-645-1102 ファックス:092-631-6463
 メール:
hokennenkin.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
 
 博多区役所保険年金課
 〒812-8512 福岡市博多区博多駅前2丁目9の3
  電話:092-419-1118 ファックス:092-441-0075
 メール:
hokennenkin.HAWO@city.fukuoka.lg.jp

 中央区役所保険年金課
 〒810-8622 福岡市中央区大名2丁目5の31
  電話:092-718-1124 ファックス:092-725-2117
 メール:
hokennenkin.CWO@city.fukuoka.lg.jp

 南区役所保険年金課
 〒815-8501 福岡市南区塩原3丁目25の1
  電話:092-559-5152 ファックス:092-561-3444
 メール:
hokennenkin.MWO@city.fukuoka.lg.jp

 城南区役所保険年金課
 〒814-0192 福岡市城南区鳥飼6丁目1の1
  電話:092-833-4123 ファックス:092-844-6790
 メール:
hokennenkin.JWO@city.fukuoka.lg.jp

 早良区役所保険年金課
 〒814-8501 福岡市早良区百道2丁目1の1
  電話:092-833-4372 ファックス:092-846-9921
 メール:
hokennenkin.SWO@city.fukuoka.lg.jp
 
 入部出張所保険・福祉係
 〒811-1102 福岡市早良区東入部2丁目14の8
  電話:092-804-2014 ファックス:092-803-0924
 メール:
irube.SWO@city.fukuoka.lg.jp

 西区役所保険年金課
 〒819-8501 福岡市西区内浜1丁目4の1
  電話:092-895-7090 ファックス:092-883-6690
 メール:
hokennenkin.NWO@city.fukuoka.lg.jp

  西部出張所保険年金係
 〒819-0376 福岡市西区大字女原607番地の1
  電話:092-806-9432 ファックス:092-806-6811
 メール:seibu.NWO@city.fukuoka.lg.jp
お電話でのお問い合わせ

月曜日〜金曜日  12:00〜18:00

092(725)6780
このページのTOPに戻る
  治療法       過食症過食嘔吐自律神経失調症うつ病低血糖症新型うつ病
              非定型うつ病パニック障害パニック症候群過敏性腸症候群不眠症
              過呼吸症候群産後うつ病不安障害急性ストレス障害PTSD
              身体表現性障害

  診断テスト     過食症過食嘔吐自律神経失調症うつ病産後うつ病パニック障害
             パニック症候群過呼吸症候群

  危険度チェック  過食症過食嘔吐

  薬を調べる    過食症過食嘔吐うつ病産後うつ病新型うつ病非定型うつ病
              自律神経失調症パニック障害パニック症候群過敏性腸症候群
              過呼吸症候群不眠症PTSD急性ストレス障害不安障害
              身体表現性障害
心と身体
鍼灸治療
耳針
カウンセリング
時間・料金
健康保険
はりきゅう費助成
アクセス
予約
プロフィール
よくある質問

メールご質問/
ご相談

治療に関するご質問等をメールでお受けしています。
お気軽にメールをお待ちしています。



サイトマップサイトマップ
相互リンク相互リンク
リンク集リンク集
プライバシーポリシープライバシーポリシー


福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症39〜福岡 鍼灸カウンセリング治療院|脳卒中後遺症 うつ病 過食症〜 福岡,リハビリ,脳卒中,脳梗塞,脳出血,くも膜下出血,鍼灸,後遺症40